075-954-1144

24時間受付中 お問い合わせ

japan drone 2019

ドローン測量3つのメリット

  • 1,000平米以上の 測量の工数削減
  • 現場あたりの コスト削減
  • 見やすく分かり易い 成果物

ドローン測量の詳しいメリットついてはこちら

ドローン測量の流れ

ドローン測量の流れ 画像

測量・調査・点検でこんなお悩みありませんか?

  • 広大地の測量をしたいが あまりコストをかけられない
  • 納期までに時間がなく 一週間以内に納品してほしい
  • 今の成果物に 満足できず、よりきれいに 見やすいものが欲しい
  • 現場の周辺地を今までより もっと詳しく知りたい
  • もっと短納期・ローコストで 測量したい太陽光業者の方
  • 今建物のインスペクションの 時間・お悩みの方

栁土木設計事務所の選ばれる理由

  • 測量士 土地家屋調査士 設計士による 安心のサービス
  • 京都で事務所開業から 40年の歴史
  • 年間300件の 測量実績
  • 日本初のドローンによる インスペクション業務
  • 多数の開発実績により 培われた開発ノウハウ
  • 大手上場企業からの 受託実績に 裏付けられた安心感

代表のご挨拶・プロフィール

  • 代表 柳 和樹
    代表
    代表 柳 和樹

    柳土地家屋調査士法人(京都府長岡京市)
    1973年創業。現代表の柳和樹は2000年に入所。2004年に代表に就任。宅地造成・開発許可申請業務に注力し、 長岡京市内に限らず、他府県から依頼が殺到する事務所に成長。 現在では多事務所に先駆けて、「ドローン測量」の開発とサービス提供を行っている。グループ総勢18名

japan drone 2019

ドローン測量の実績

画像1
面積約1.7ヘクタール、施設の管理と建物位置の把握のために、敷地全体図面を測量して欲しいという依頼でした。費用は75万円、作業日数は対空標識設置と測量準備に1.5時間、飛行時間に20分、解析に3時間かかり、敷地境界を追加した図面、建物位置の寸法などを加えた図面と、3Dビューワー、クォリティーレポートを作成して、4日後に納品いたしました。標定点は6点、検証点は4点使用し、誤差はX方向に4ミリ、Y方向に1センチ、Z方向(高さ)に1センチとなりました。
事例2は、PHANTOM4 RTKを使った実験データになります。敷地中心部に標定点1点設置し、周囲に検証点を6点設置いたしました。敷地面積は約1.6ヘクタール、飛行時間は約15分、
誤差はX方向に1.5センチ、Y方向に1.1センチ、Z方向(高さ)に1.2センチとなりました。このネットワーク型RTKを搭載した機体によって短時間で十分な精度の出すことができました。
画像2

詳細はこちら

アクセス

お車でお越しの場合:長岡京ICから新西国街道(物集女街道)沿い・乙訓高校グランド横
電車でお越しの場合:長岡京駅下車後、京阪淀駅行のバスで清水ヶ口停留所下車後、徒歩1分

PAGETOP