075-954-1144

24時間受付中 お問い合わせ

見やすく分かり易い成果物

ドローン測量では「オルソ画像」と呼ばれる画像を撮影することが出来ます。また、広範囲にわたっての撮影が可能なので、測量現場の周囲がどのような状況下も一目で把握することが出来ます。

1. オルソ画像とは

オルソ画像は電子国土基本図にも使用されており、空中で撮影した写真を正射変換して、繋ぎ合わせることによって作成されます。航空写真のままでは外側に向かってひずみが生じますが、このひずみをオルソ補正と呼びます。
オルソ画像は複数の写真をつなぎ合わせるのでどうしてもつなぎ目が分かってしまうことが課題となっておりましたが、現在では技術も進み真上から見たような画像の作成が可能となっています。

2. 今までの航空測量との違いは?

従来の航空測量といえばセスナを使用したものがありましたが、通常の測量よりも価格の面で高額なサービスでした。ドローン測量の登場で通常の測量よりも安価な価格で、十分な高度での撮影が可能になりました。また、セスナからの空撮よりもドローンによる空撮の方が近い距離からの撮影が可能なので、点群データにしたときより密度の高いものを得ることが出来ます。

3. 実際の成果物の事例



ドローンによる空撮サービス

ドローン測量のご相談は当事務所にお任せください

  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • ドローン測量の 事例
  • 料金表
  • アクセス
  • ドローン測量の 無料相談
ドローンによる空撮サービス
PAGETOP
ドローン測量の無料資料請求受付中!
まずは資料請求