075-954-1144

24時間受付中 お問い合わせ

ドローン測量に関する規制についてご紹介!

当事務所のサービスは規制や法律の範囲内で安心のサービスを提供いたします!

ドローンを飛ばす前に!関連する規制や法律を知ろう

総重量が200g以上の機体を飛ばす際には航空法による規制を考える必要があります。
航空法での規制は、主に飛行エリアと飛行のルールに関して規制が定められています。

飛行エリアについて

飛行エリアに関しては以下の3つの空域で規制が定められています。
・空港等周辺上空の空域
航空機やヘリの離着陸を阻害する恐れのあるエリアについては基本的に飛行禁止と覚えましょう!

・150m以上の高さの空域
ここでの150m地表もしくは水面を0とした場合の乖離が150mということを意味しています。

・人口集地区上空の空域
ここでいう人口集中地区とは総務省統計局が実施している国税調査に基づくDID地区と呼ばれる地区の事を指します。

上記3つのエリアで飛行させるときは、事前に空港事務所長または地方航空局長の「許可」が必要になります。覚えておきましょう!

飛行ルールに関して

飛行ルールに関しては航空法で以下のように定められています。

[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること
[2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
[3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
[4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
[5] 爆発物など危険物を輸送しないこと
[6] 無人航空機から物を投下しないこと

 上記のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、地方航空局長の承認を受ける必要があります。(出所:国土交通省HP)

まとめ

いかがでしたでしょうか?ドローンを飛ばす際には関連する規制や法律をしっかり把握することが大切です。京都・長岡京のドローン測量サポートセンターではこういった法律や規制をしっかりと理解したうえでサービスお提供しておりますので、ぜひ安心してお問い合わせいただければと思います。

 



ドローンによる空撮サービス

ドローン測量のご相談は当事務所にお任せください

  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • ドローン測量の 事例
  • 料金表
  • アクセス
  • ドローン測量の 無料相談
ドローンによる空撮サービス
PAGETOP
ドローン測量の無料資料請求受付中!
まずは資料請求